ホーム お問合せ
宿泊予約システム レストラン予約システム ゴルフ予約システム システム開発 ホームページ制作
宿泊予約システム(ウェブ・マーク)
宿泊予約システム Web Mark(ウェブマーク)は、当社が業界に先駆けて開発・運用を開始した、インターネット宿泊予約システムです。
機能紹介 利用サンプル ご利用料金 よくある質問 問合せ・申込み
更新:2017/8/14 site map
機能紹介
利用サンプル
ご利用料金
よくある質問
お問合せ・お申し込み
ご利用事例
宿泊予約システム Web Mark
 高機能性
 多様性
 ユーザーの視点
 コストパフォーマンス
 携帯の利便性
 インバウンド対応
 安全性・安定性
プライバシーマーク認定
宿泊予約システム Web Mark(ウェブマーク) について解説致します。ホテル様、旅館様、ペンション様、など幅広くご利用頂けます。 パソコン、携帯、スマートフォン、タブレットの各メディアに対応しています。
最近のトピックス
2017年7月 大幅バージョンアップ。プラン、客室、付帯サービス、等の解説ページの編集機能の充実。予約ページの見易さの向上。
2014年11月 サイトコントローラ 「ねっぱん」との連動を開始しました。
2012年3月 オンラインクレジット決済システムとの連繋開始。予約時点での仮売上(後日チェックインの時などに売上処理)、 30 日以上の長期仮売上のカード予約の自動再仮売上、予約の変更と連動した決済情報の自動変更、予約のキャンセルと連動した決済のキャンセル、 キャンセル料の課金 など、多様な予約状況の変動に対応できます。
宿泊予約システムの機能
今日の予約システムに求められるもの;「検索サイトでの検索にヒットした後、いかにユーザを引き留めるか」、「いかに携帯を使い易くするか」、 「増えて来るインバンドへの対応」、などの要点項目に十分な対策を施してあります。お客様と 施設様の 「困った」を解決します。 宿泊予約システムの機能
利用サンプル
宿泊予約システムの利用サンプル どのような「予約への入口」があったら便利でしょうか。予約への入口の作り方が、ホームページへの訪問者を予約につなげるキーポイントです。 Web Mark では、色々用意できます。是非お試しください。
ご利用料金
ほとんどの機能を月額基本料金(\10、000 税別)でカバーします。どれだけの機能が含まれるか、ご確認ください。 コストパフォーマンスの高い料金設定と考えています。カスタマイズ、ホームページ制作、外国語翻訳、などに付いても触れています。 宿泊予約システムのご利用料金
よくある質問
宿泊予約のよくある質問 ウェブマークの機能だけでなく、安全で安定な運用、システムの入れ替え、などについての質問も掲載しています。 お気付きでなかった、重要な質問もあるかもしれません。是非ご参考までにご覧ください。
お問合せ・お申し込み
ご利用のお申し込みに限らず、どのような内容でも、お気軽にお問合せください。ホームページの構成や、プランの企画など、 予約システムを通して、業界で最も長く積んだ経験が、御社のお役に立てれば幸いです。 お問合せ・お申し込み
ご利用事例
宿泊予約システムのご利用事例 ウェブマークは 1997 年以来、多数の施設様にご愛用頂き、累計の導入件数は、約 1,000 件になります。 現在のご利用者様として、ルートインホテルズ様を紹介させて頂きます。ルートインホテルズ様の、 全国 250 の施設(2014 年現在 全国1位)全てでご利用頂いております。
データーリンクス株式会社 〒130-0025 東京都墨田区千歳3ー6ー5
TEL:03-5625-7537 FAX:03-5625-7570 webmaster@dlinx.co.jp
高機能性
宿泊予約システムが標準的に揃えている機能を網羅した上で;
  • プランを横断した、空室状況と各種の客室の人数毎の料金 が一覧できる手法
  • 連続していない日程を一括で予約
  • 異なるタイプの客室や部屋毎に宿泊人数が異なる複数の客室を一括で予約
  • 全てのケースに応えられる 予約変更機能
  • 予約・変更・キャンセルを自動でリアルタイムにPC(日常利用のもの)で表示・印刷
などの機能を装備しています。「多様性」の項目の説明も合わせてご参照ください。
多様性
施設の規模、運営携帯(ホテル、旅館等)によって求められる機能が変わります。
客室数が少ない場合には;下記のような機能が便利です。
  • 客室を1室ずつ登録できる機能
  • インターネットから、客室指定なしとして予約を受付け、優先順位に従って客室在庫を引き落す機能
  • 電話や旅行代理店から予約が入った場合、個々の客室をクリックするだけで、空け閉めが簡単にできる機能
プランによって運用方法を変えたい場合もあります;
  • ダブルを、本来の「ダブル」で販売するプランと、「デラックスシングル」で販売するプランが混在し、客室在庫は一元がする
  • 複数のタイプの客室を同一プランで販売している場合、プランの売り止めを各種タイプの客室の予約の合計で判定する機能
などが主な機能です。プランと客室タイプの紐付けや、プランの販売条件の設定など、柔軟性に富んでいます。詳しくは「機能紹介」のボタンをクリックしてご参照ください。
ユーザーの視点
ユーザーが予約をする際の条件は一通りではありません;
  • 複数の客室を予約したいが、全室同じ人数ではない
  • 空室状況や料金次第で部屋を決めたい
  • 出張メンバーには喫煙者も禁煙者もいる
  • 希望に叶ったプランや客室が取れる日程で休暇のスケジュールを決めたい
顧客情報を沢山蓄積するには、初めてのお客様に沢山予約してもらう必要があります。
ホームページから予約をする初めてのお客様は;
  • 送客サイト(旅のポータル)ではなく、検索サイトで「◯◯温泉、旅館」などのキーワードで、宿泊施設を検索
  • 検索結果のリストをたどって、宿泊施設の内容や空室・料金情報を比較検討して廻る
  • 空室・料金情報を見るのに手間が掛かったり、分りずらければ、検索リストの次の施設へ移動してしまう
以上のような、ユーザーの予約条件や、行動パターンを考えて機能設計をしています。詳しくは「機能紹介」のボタンをクリックしてご参照ください。
コストパフォーマンス
月額10、000円(税別)で;
  • PCユーザー向け予約機能
  • 携帯予約機能
  • 外国語予約機能
  • 予約通知端末
  • メールマガジン配信
が、標準装備されています。詳しくは「ご利用料金」のボタンをクリックしてご参照ください。
携帯の利便性
宿泊予約に関して携帯を利用することを考えてみると;
  • まず初めはPCで予約をしても、一旦外出したら、どこにいても利用できるのは携帯
  • しかし、検索が面倒で参照できる情報量が少ない
  • さらに、登録等の入力が面倒で使いにくい
ということで、携帯を利用した予約の件数は少ないのが実状です。そこで;
  • 登録を簡単にする
  • お気に入りリストに登録してもらえるように誘導する仕組みを作る
  • お気に入りリストからの予約では、選択以外は一切入力しなくても予約できるようにする
と、いうことを可能にする機能を用意することで、携帯利用の活性化を計っています、詳しくは「機能紹介」のボタンをクリックしてご参照ください。
インバウンド対応
インバウンドのお客様の重要性は議論を待ちません。2010年9月現在、ウェブマークは次の外国語で稼動します。
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(繁体字)
  • 韓国語(簡体字)
詳しくは「機能紹介」のボタンをクリックしてご参照ください。
安全性・安定性
コンピューターシステムの安全性・安定性を阻害する要因は;
  • コンピューターのハードウェアーに発生する障害
  • 外部からの侵入等の妨害行為
  • 故意又は無作為による顧客情報の漏洩などの人的要因
などが挙げられます。ウェブマークでは;
  • コンピューターの2重化
  • システム稼動監視システム
  • 障害発生時の自動切替えシステム
  • プライバシーマーク認定を経て情報保護に対する意識の向上
  • ファイアーウォールの設定
を以て、システムの安全性・安定性の維持向上を計っています。